社会福祉法人 平成会

平成会とは

事業の目的

logo_252障がいのある方の人格と個性を尊重し、
地域社会において自立した生活を
営むことが出来るよう支援します。
また、地域共生社会の実現を目指して活動します。

私達の理念

理事長あいさつ

logo_252 人材のこと
人手不足の時代に入ったと言われます。正社員の不足感がある企業が4 割にのぼるという統計結果も出ています。
業種や地域によって深刻度は違いますが、特に医療・福祉分野の状況が厳しいと言われており、実際に我々も実感しています。人材倒産というのは誇張した言い方かもしれませんが、施設や保育所を新規に開設したものの基準を満たす職員配置が難しいため、計画通りオープンできないところもあると聞きますので深刻です。
当法人の様子をここ 5 年振り返ると、正規職員として毎年 3 人~ 9 人の新卒採用をしています。
ちなみに過去 5 年間採用した新卒者の定着率はほぼ 100%です。
また、9 人の女性職員が出産後育児休業をとっており、今年度は 4 人が 1 年の育児休業から復帰します。
一時的に業務の制限はありますが、経験を生かして将来的に大きな戦力になってもらえると期待しながら、こうした良い循環をつくりたいと思っています。
小さい規模ですが毎年少しずつ新しい事業に取り組んでいることもあり、徐々に職員数も増えているという状況です。
当然、専門性を高めるため一定の資格要件を求め、そこは厳しく言い続けています。
ちなみに利用者に直接かかわる職員 170 人のうち、社会福祉士と精神保健福祉士の有資格者は 21 人、介護福祉士 56 人、保育士 17 人といったところです。
全産業で労働力不足という中、ヒューマンという感性の部分で優れた人材を確保し育成するため、将来に向けたビジョンを掲げ法人を挙げてこの課題に取り組みたいと考えています。
平成会で働くことを誇りに思い、誰かの役に立ち、必要とされていることが実感できる職場の風土づくりに力を注ぎたいものです。

理事長 赤坂秀則